街コン:栃木が発祥

今日は街コンの成り立ちについてまとめたいと思います。

 

 

元々は街と合コンをつなげた造語で、「街を盛り上げる合コン」という意味があります。
始まりは、2004年に栃木県宇都宮市で開催された、当時「宮コン」と呼ばれたもの。

その後、2011年後半から全国各地に広まり、街コンという呼び方が定着するまでは「巨大合コン」「大型合コン」など様々な名称を言われていました。

 

大きなきっかけとしては、(株)リンクバル代表取締役CEOの吉弘和正が代表を務める団体「街コンジャパン」を立ち上げ、各地の街コンをプロデュースするためにwebサイトを制作し、「街コン」と命名したことが始まりです。

ただし、各地の街コンイベントは街コンジャパンが主催しているわけではなく、各地域が自主的に開催しているものです。

街コンジャパンは、サイト上での街コン情報を掲載、更新、運営を行っています。

 


<街コンのシステムについて>

同性2名以上が一組となって制限時間内に開催地区の様々な飲食店で飲み歩きや食べ歩きをしながら出会いを求めるという形式で、大規模な街コンの場合は複数の飲食店を貸し切って行うこともある。その為、時間内であれば飲食店を何度も移動できるのが魅力です。もちろん1人参加もOK!

 

受付は2パターンあり、各店舗で行うケースと、1カ所で行うケースがあり、行ける店舗数もイベントによって異なります。

ほとんどの場合は受付でリストバンドなどを貰い、それを参加証として入店する。

年齢や参加費など参加条件は街コンによって異なるので、集まる異性の客層も街コンによって様々です。

飲食代は参加費に含まれるので、自由にいろいろな店での飲食を楽しめるのも魅力の一つ。

 

ぜひ一度参加してみてください!



コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Marchelle Steve (金曜日, 03 2月 2017 07:15)


    Great article! We are linking to this great article on our site. Keep up the great writing.